【京橋店】銀座食べ歩きと冷やし中華

こんにちは、ソラノイロのおやまだです。

今回は、銀座エリアで食べ歩きしてきました。
カツカレーの元祖というのを聞いて、銀座スイス本店に伺うことにしました。
外観は、いい感じのレトロ感でテンションあがります。

S_6340197451299.jpg

昭和23年に、プロ野球巨人軍の千葉茂氏が、こちらの銀座スイス本店で、とある巨人・阪神戦の前に、お腹がすいて沢山食べたいし、早くも食べたいし、ガツンといっきに食べたいしと思いついたのが、『カレーライスにカツレツを乗っけてくれ!』だったそうです。これが、カツカレーの始まりだそうです。

創業70年で、店内はレトロな味わいで気分的にものんびりと過ごせる空間でした。
最初にポタージュスープが出てきます。
優しい味で、旨味が強く美味しいです。

S_6340197500335

お目当てのカツカレーですが、野菜や肉等が、完全に煮崩れていて形はありません。旨味やコクがあり、カツも揚げたてで美味しかったです。店内は、スーツを着た年配のお客様や、いかにもマダムという年配の女性がいらっしゃいました。こういったお客様に長年愛され続けてるお店なのだと感じました。

 

ソラノイロ トンコツ&キノコでは、6/26より夏の限定[彩り冷やし中華]を販売しております。

2017_11_kyo_ayadorihiyashi_POP
11時~20食
18時~10食
900円

暑い夏も、これで乗りきっちゃいましょう!

皆様のご来店お待ちしております。

広告